悩んでいる男の人

EDは、意外にも多くの人が悩んでいます。また、病院での治療に恥ずかしさを感じる人も多くいます。しかし、治療した大抵の人は、「治療をしてよかった」と回答しています。

EDで悩んでいる人はとても多い!

EDの患者は近年増加しており、現在日本人男性の4人に1人はEDに悩んでいるとされており、患者数は1,130万人を超えるそうです。また、年齢を重ねるにつれ有病率は高まり、40代では5人に1人、50代になれば2.5人に1人と高い割合でEDに悩んでいます。さらに、近年においては20代や30代でもEDに悩む方が増えています。

そんなEDは、主に薬物療法による治療が行われています。厚生労働省によって認可を受けている治療薬は、バイアグラのほか、レビトラ、シアリスがあります。これらは、勃起不全を起こす酵素の働きを阻害するものですが、薬の種類により効果や効能、持続時間などには違いがあります。そのため、症状や体質にあったED治療薬を服用するには、ED治療を専門に取り扱うクリニックでの受診をおすすめします。

EDの基礎知識~症状・原因~

EDは、「勃起機能の低下」を意味するもので、具体的な症状には性交時に十分な勃起が得られない、硬さが十分でない、勃起の状態を維持することができないなどが挙げられます。
また、初期症状においては、「中折れ」という現象が見られます。これは、挿入をした前、またはした後すぐに勃起が解消されてしまう状態のことで、これらの症状が頻繁に見られるようになればEDの疑いがあります。

一口にEDといってもその症状は様々で、原因により以下の3つに分類されます。

    • 機能性ED

機能性EDは、緊張やストレスなどの精神的なものにより勃起不全になることです。
20代や30代の若い世代に多く見られるのがこのEDで、若い世代の場合は、自慰による外的刺激に慣れてしまうことによって症状が現れることが多くあります。

    • 器質性ED

器質性EDは、年齢を重ねることにより勃起不全になることです。
動脈硬化などの血管系の病気が原因となることがあります。また、高血圧や糖尿病、メタボなどが原因となり症状が現れることもあります。

    • 薬剤性ED

薬剤性EDは、服用している医薬品の副作用などにより勃起不全になることです。
抗うつ剤などには、勃起不全を引き起こす成分が含まれています。そのため、うつ患者増加に伴い、薬剤性ED患者も増加しています。

これらの原因は、あくまでも一部で人により原因は大きく異なります。これらの原因に当てはまらない場合でも、EDの症状に疑いがあると感じたら、ED治療を専門に取り扱うクリニックでの受診をおすすめします。

クリニックで治療を受けるメリット

バイアグラをはじめとするED治療薬には、ジェネリック医薬品と呼ばれるものも存在します。ジェネリック医薬品には、厚生労働省による認可を受けていないものも多く、これらはECサイトなどの利用による個人輸入でしか入手することができません。ジェネリック医薬品は、安く購入することができるというメリットがありますが、効果や安全性などの点においては認められていないものも多く、これらの点に疑問視する声もあります。また、中には、勃起を促す成分が一切含まれていないもの(偽物)も存在します。
対して、クリニックでは、厚生労働省によって認可されているED治療薬のみ取り扱われています。効果や安全性がきちんと認められたものだけ処方されるため、安心して服用することができます。さらに、正しい服用法などに関する説明もきちんと受けることができます。
東京の新宿・新橋にあるイースト駅前クリニックも、厚生労働省による認可を受けたED治療薬のみ処方されています。

ED治療薬といえば

お薬

現在は様々なED治療薬が登場していますが、バイアグラはアメリカのファイザー社によって開発された世界で最初のED治療薬です。バイアグラは、1998年にアメリカで認可され、翌年に国内でも認可を受け、販売が開始されました。バイアグラの登場によって、革命的な局面を迎え、現在では世界120カ国以上で販売されています。
バイアグラは、陰茎海綿体で勃起を阻害する酵素(PDE-5)の働きを抑えることで、勃起を促します。服用後は、30分~1時間くらいで効果が効き始め、4時間ほど持続します。また、性的な刺激によって勃起を促すものであるため、服用すればたちまち勃起するというわけではありません。
飲酒や食事により、効果が薄れることがありますので、服用前の飲酒や食事は避けましょう。ただし、少量であれば問題ありません。
副作用を懸念する方が多くいますが、よくある副作用は「顔のほてり」や「鼻詰まり」です。中には、頭痛や色覚異常の症状を訴える方もいますが、これらの症状が見られるのはまれであり、見られたとしても一時的なものです。
体質や服用中の薬によっては、バイアグラの服用ができない方もいますが、ED治療を専門に取り扱うクリニックできちんと診察を受ければ、重篤な副作用などの心配もありません。

他のED薬との比較

現在、厚生労働省により認可されているED治療薬は、バイアグラのほかにレビトラやシアリスがあります。
バイアグラは、効果を実感するまで30分~1時間ほどであるのに対し、レビトラは10分~1時間、シアリスは30分~1時間です。
また、持続時間は、バイアグラが3~4時間であるのに対し、レビトラは3~4時間、シアリスは約36時間です。
このように、ED治療薬によって作用するまでの時間や効果の持続時間は異なります。

クリニックを比較するポイント

ビル

東京都内には、ED治療を専門に取り扱うクリニックが数多く存在しています。クリニックによって診察料などには違いがあるため、東京都内でクリニックを選ぶ場合は、診察料などのかかる費用を事前にチェックしておきましょう。ED治療は、健康保険が適応されないため、自由診療となります。よって、クリニックによってかかる費用には違いがあります。クリニックのサイトなどには、薬の料金や診察料が記載されているところもあり、事前に確認することができます。
東京の新宿・新橋にあるイースト駅前クリニックでは、25 mgのバイアグラが1,300円(税込)、50 mgのバイアグラが1,500円(税込)となっており、診察(初診・再診)料はかかりません。

また、ネットの口コミなどを参考にしてクリニック選びをする方も多くいます。
以下は、実際にクリニックでED治療を行った方の感想です。

東京都墨田区在住 32歳 会社員

2年ほど前からストレスによりEDの症状を感じるようになりました。病院で治療を受けるのは恥ずかしかったけれど、彼女の後押しもあって病院で治療を受けることにしました。緊張しましたが、すぐに処方を受けることができたので、あっという間でした。症状が軽度のうちに病院に行っておいてよかったです。

東京都杉並区在住 45歳 自営業

ここ数年、満足のいくセックスができず、妻との関係に溝を感じるようになりました。そこで、バイアグラを服用してみようと専門のクリニックに行ってみることにしました。クリニックに通うというと、なんだか大げさな感じがしますが、ほんの10分くらいで処方してもらえました。これなら、仕事の合間にも通えそうです。

東京都北多摩郡在住 50歳 会社員

もう3年以上はバイアグラにお世話になっています。最初は薬を飲むことに抵抗を感じましたが、今となってはなくてはならないものです。ネットなどでも販売されていますが、私は怖くていつも病院に通っています。信頼できる先生のおかげで、危険な副作用を感じたことはありません。

イースト駅前クリニック横浜院

詳しくはこちら

イースト駅前クリニック 新宿院

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-23-4 第3大谷ビル3F

最寄り駅1 : JR 新宿

最寄り駅2 : 西武線 新宿

最寄り駅3 :

電話番号 : 03-5363-1181

イースト駅前クリニック 新宿院は、新宿駅から徒歩1分の好立地にある、ED治療・AGE治療の専門医院です。新宿駅東口からのアクセス方法が丁寧に公式サイトに載っているため、迷うこともありません。診療時間は、月~金曜日の10:00~20:00(14:30~15:30は休憩時間)と、土・日・祝日の10:00~18:00です。終了時間の5分前が最終受付時間になっていますので、時間に余裕を持って行きましょう。

なんと、イースト駅前クリニック 新宿院は「初診料・再診料が0円」です。費用は薬代だけという財布に優しい医院は、予約も保険証も不要なため、思い立った日に気軽に行くことができます。なかなかED治療・AGE治療に行くのは気が進まないという方もいると思いますが、新宿に用事があるときに、ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?また、スタッフは男性のみのため、はじめての方でも相談しやすいと思います。

浜松町第一クリニック横浜院

詳しくはこちら

浜松町第一クリニック 浜松町院

住所:〒105-0013 東京都港区浜松町1-22-7 鶴栄ビル5階

最寄り駅1 : 都営地下鉄 浅草線・大江戸線 大門駅

最寄り駅2 : JR 山手線・京浜東北線 浜松町駅

最寄り駅3 : 東京モノレール モノレール浜松町駅

電話番号 : 03-5777-3729

2004年にオープンしてから10年以上の実績と高い信頼感がある浜松町第一クリニック 浜松町院。

浜松町第一クリニックは浜松町院以外にも首都圏を中心に7院展開し、全院合わせて約18万人以上の治療実績があるため、安心して来院することができます。

院内の医師やスタッフはすべて男性。男性目線の配慮はとても評判です。カウンセリングはしっかり行い、薬の服用にあたっての注意や副作用などの説明を分かりやすくきちんと行ってくれます。

浜松町第一クリニックは初診及び再診料が無料となっており、負担する料金はED治療薬の料金のみです。

JR「浜松町駅」から徒歩約1分の好アクセスも魅力の1つ。診療時間は、平日・土曜日の10:00~22:00時までと、日・祝日の10:00~18:00時までのため、平日も仕事帰りなどに来院することができます。また、土曜日・日曜日・祝日など年末年始を除き年中無休で診察を行っているためとても便利なクリニックです。

横浜中央クリニック

詳しくはこちら

新宿ウエストクリニック

住所:〒160-0023東京都港区浜松町1-22-7 鶴栄ビル5階

最寄り駅1 : JR 新宿駅

最寄り駅2 : 西武 新宿駅

最寄り駅3 :

電話番号: 03-5330-4079

長年の実績と知識を有する新宿ウエストクリニック。新宿駅の西口から徒歩で約5分の好立地です

予約不要!保険証不要!初診でも再診であっても処方時間になるべく時間をかけずにすぐ処方をするのが人気の理由。

「早くて快適な診療」が新宿ウエストクリニックのモットーであるため、スピーディーでスムーズな診療が行われています。そのため、連日多くの患者さんが来院されます。

また365日年中無休なのも支持されるポイントです。年末年始は休みがあるクリニックが多いですが、新宿ウエストクリニックは年末年始も開院しています。

医師、スタッフは共に男性だけ。女性のスタッフに抵抗のある方も気軽に通うことが可能です。

診療時間は、土日月火水は10:00~11:00時/12:00~18:00時、木金は19時まで行っています。どんな人でも自由に通院しやすいクリニックのため、気軽に来院できるでしょう。

関内マリンクリニック

詳しくはこちら

八重洲のぞみクリニック

住所:〒104-0028 東京都中央区八重洲2-3-7 斉藤ビル5F

最寄り駅1 : JR 東京駅

最寄り駅2 : 銀座線 京橋駅

最寄り駅3 : 浅草線 宝町駅

電話番号 : 03-5755-3727

八重洲のぞみクリニックは、さまざまな男性の悩みを解決する男性専用のクリニックです。

ED治療、AGA治療、男性の更年期障害、STD(性感染症)、メディカルダイエットなど、さまざまな男性の悩みに対応しているところが魅力の1つです。身体全体をケアしたいという方におすすめのクリニックといえるでしょう。

医師をはじめスタッフは全員男性です。また、保険証、予約などが不要なため、初めての方も気軽に来院することができます。

診察室はプライベートに完全配慮した防音の個室のため、安心して診察を受けることが可能。待合室には無料ドリンクサーバーなどが完備されており、緊張せずにリラックスして診察を待つことができます。

診療時間は、土月火木金は11:00~20:00(昼休みはありません)で、日水祝日は休診日となっています。

夜20時まで開院しているため、忙しい方でも時間を作って通うことが可能です。”

横浜ベイサイドクリニック

詳しくはこちら

新宿西口クリニック

住所:〒160-0023東京都新宿区西新宿1-18-16 野村ビル8F

最寄り駅1 : JR 新宿駅

最寄り駅2 : 都営新宿線 新宿駅

最寄り駅3 : 都営大江戸線 新宿駅

電話番号 : 03-6302-0641

新宿西口クリニックは新宿駅の西口、東口から徒歩で約1分の好立地に位置する男性専門のクリニック

駅の近くは人が多くて病院に入りにくそうという方も安心!クリニックはビルの8階にあるため、人の目を気にすることなく来院することができます。男性専門のクリニックのため、医師とスタッフは共に男性のみ。診察が受けやすいと評判です。

処方するED治療薬の種類が豊富なクリニックとしても有名で、ED治療薬を1錠から購入することができます。

バイアグラ・レビトラ・シアリスなどの人気のED治療薬をまとめた「お試しセット」などもあるため、どの治療薬を利用しようか迷っている方におすすめです。

診療時間は、月火木金が11:00~20:00、水曜日は15:00~20:00、土曜日は11:00~18:00となります。休診日は日曜日と祝日です。仕事帰りなどの来院も待つことなくスムーズ診察が行われます。

東京都とは

東京都は、日本の首都であり、世界的に見てもメガシティと呼べるほどの規模です。その形は東西に細長く、西は奥多摩地域から東は江戸川区を流れる江戸川まで広がり、千葉県と接しています。また、太平洋に浮かぶ大島、三宅島、八丈島、小笠原(島嶼部)の4支庁(2町7村)の島々も東京都の管轄です。面積は2,190.93km²、人口は2016年6月現在で13,613,660人となっています。

東京と呼ばれるようになったのは明治以降のことで、それまでは江戸と呼ばれていました。現在の皇居がある場所には江戸城があり、この徳川将軍の居城が約250年間、徳川幕府として日本の政治を行ってきたのです。江戸は、大きく山の手と下町の2つに分けることができます。江戸城よりも南西部ないしは北部のエリアは山の手と呼ばれ、数多くの武家屋敷が建ち並んでいました。逆に、東エリアの墨田川や江戸城の堀に面した地域は、下町と呼ばれ、主に町人が多数生活していました。いわゆる、江戸の町人文化は、この地域から生まれたものです。しかし、江戸時代の中期以降は町民と武士が入り混じり、かなり複雑な様相を呈していたといわれています。

そのような時代背景を持つ東京都は、江戸時代の文化を継承しながら発展を続けている都市です。東京だけでなく日本人の本質に江戸の町は大きく影響しており、明治以降に日本が発展してきた原動力にもなっています。

東京都のバイアグラ事情

東京都にはバイアグラを処方しているクリニックや医院が、500以上あります。特に多い地域は新宿区の50施設で、次いで多い地域が世田谷区の42施設です。このバイアグラを処方してくれるクリニックや医院の数は、日本の都市でダントツの1位です。人口が多いということもありますが、日本経済の中心地である東京が持つストレス社会がその背景にあるのかもしれません。成人男性への調査で、勃起しなくてセックスできなかった、という経験を持つ人が80%を超えるというデータもあります。

EDの原因に関する調査で、その半数以上を占めるのがストレスです。次に運動不足やパートナーとの相性などが挙げられます。特に、都心部に近づくにつれて、EDで悩む患者の数が増加する傾向にあります。悩んではいるけれども、なかなか相談できるクリニックや施設がない、相談するのが恥ずかしい、バイアグラなどの薬に頼ってまで治療する必要があるのかどうか疑問だ、という人がかなり多いのではないか予想されます。
EDはバイアグラなどの治療薬で改善できることの周知、治療を受けることは恥ずかしいことではないという意識改革、また、気軽に相談できるクリニックや医院の認知度を高める、そういった取り組みが現在ではますます重要になってきています。