EDは40代以上の男性の病気だと思っている方もいるかもしれません。しかし、EDは誰でもなりえる病気です。今回は、30代特有のEDの原因についてご紹介します。

立っている男性

環境の変化が大きい30代

男性の30代といえば、働き盛りで会社でも責任のある仕事を任されたり、家庭を持ち始めたりするなど、環境の変化が大きい時期です。身体的にもまだ若く、一般的には精力も十分あるとされています。
しかし、そのような30代でもED(勃起不全)で悩んでいる男性は少なくありません。EDといえば40代から50代以降の男性がかかる印象がありますが、実際はもっと若い世代にも広まっているのです。30代には30代特有のEDの原因があります。バイアグラなどのED治療薬もED克服の助けになりますが、まずは自分のEDの原因をきちんと把握してから使用すべきでしょう。

さまざまなストレスが原因のED

30代は、公私ともに社会的な責任が大きくなってくる時期です。しかしそれは、今まで経験したことのないようなストレスに日々さらされることも意味しています。
会社での残業が増えたり、家族サービスに時間を取られてよく休めなかったりするなど、肉体的なストレスを受けるだけでなく、部下や上司との人間関係、夫婦関係、ご近所や親戚との付き合いなど、精神的なストレスに悩むことも多くなるでしょう。そのようなストレスをため込むと、性的な興奮が体の中でうまく伝達されなくなり、結果としてEDになることがあります。
また、30代になって子どもを作ることを意識する夫婦も少なくありません。妻から寄せられる期待や排卵日に合わせた性行為にプレッシャーを感じてEDを起こすケースもよく聞かれます。

以上は若い世代に多くみられる、いわゆる「心因性」のEDです。同じ心因性EDでも、20代が主に性行為そのものに対するコンプレックスを原因としている一方で、30代では生活上のストレスが原因でEDを発症することが多いといえるでしょう。

30代のEDは生活習慣病の予兆?

30代になると仕事上の付き合いなども増え、さまざまなストレスを抱えることから不摂生になり始める時期でもあります。食事などの生活習慣が乱れ、運動不足も加わることによって、生活習慣病の危険が増す年齢層です。
EDは必ずしも男性ホルモンの分泌量だけに起因するのものではありません。血管が不健康になることによっても、EDになる可能性があるのです。陰茎には非常に細い血管が通っており、その血流の具合もEDに関係があります。血管の健康状態が悪くなると、陰茎の血流が弱まって十分な勃起ができなくなるでしょう。

これはEDだけで済む症状ではなく、血管の状態がさらに悪化すれば動脈硬化や狭心症などの危険性も出てきます。特に動脈硬化は最初に細い血管から発症することが多いため、EDは自分の健康状態を知らせるシグナルのようなものと考えるべきです。
30代になると、健康面からみても「単なるED」と無視することができなくなってきます。体の重大な変調を教えてくれる症状である可能性も高いため、生活習慣病の兆候がないかチェックすることをおすすめします。事実、糖尿病や高血圧の症状とEDが同時に出るケースも少なくありません。

バイアグラを使った30代のED治療

薬

30代のED治療では、バイアグラを服用して勃起を補助しながら、ストレスを軽減していくことが大切です。バイアグラにはEDの原因を根本から解決する効果はありません。しかし、バイアグラの服用によって、性行為を問題なく行うことができれば、余計な精神的ストレスを生み出すことがなくなるでしょう。バイアグラの補助的な役割を理解し、上手にED治療に活用することが大切です。
また、EDの発症を生活習慣の乱れと捉え、生活習慣を抜本的に見直す必要もあるでしょう。

誰にも相談できず、1人で悩みを抱えてしまうことの多いEDは、うつ病を併発することが少なくありません。そのため、ED治療では、バイアグラなどのED治療薬と共に精神安定剤を処方することも多く、特に心因性が強いEDの場合は、精神安定剤だけの服用で完治するケースもあります。

EDを疑ったらまずはクリニックへ

男性の30代は、まだまだ自分は若いので頑張れるという思いと、徐々に無理がきかなくなってくる体との板挟みになる年代です。これまで正常に機能していた男性器が思うように勃起せず、「こんなはずではない」という焦りも出てくるでしょう。焦りのあまりバイアグラなどのED治療薬に安易に頼りたくなる気持ちもわかりますが、バイアグラはあくまでも男性器の勃起を補助するためのもので、EDの原因を解決するためのものではありません。バイアグラを使用しながら、心身のケアをしていくことが大切です。
EDの原因を「ストレスだろう」と簡単に片付けてしまう方も多いですが、30代のEDは生活習慣病の予兆である可能性もあります。10年後、20年後に重篤な病気にかかるリスクを避けるためにも、クリニックなどで専門家にきちんと診察してもらいましょう。