EDの原因はさまざまですが、発症には糖尿病も大きく関係しています。また、EDの発症により糖尿病が発見されたというケースもあるため、EDは身体のSOSサインであるともいわれています。

糖尿病イメージ

糖尿病になるとEDの発症率は2~3倍

糖尿病は、血液中の糖分の濃度が基準値より高くなる病気です。初期は、ほとんど自覚症状が見られませんが、糖尿病の症状が進むと、失明や腎機能障害などを引き起こすため甘く見てはいけません。また、男性の場合、糖尿病になるとEDの症状を引き起こすことがあり、EDの発症率は同年代の健全な人に比べ、2~3倍高くなるといわれています。そのため、ほとんど自覚症状のない糖尿病ですが、EDが発症することにより、糖尿病が発見されたというケースもあります。このことから、糖尿病とEDは因果関係があるとされています。

糖尿病になるとEDになりやすくなるのはなぜか

通常、勃起は脳が性的刺激を受け、神経回路を通り、陰茎にある海綿体に多くの血液が流れることで起こります。したがって、勃起には海綿体、血流、さらには脳や神経などが正常に機能しなければなりません。しかし、糖尿病になると、神経回路に障害が起こることが多くなるため、脳で感じた性的刺激が陰茎に伝わりにくくなってしまいます。また、海綿体の機能も低下してしまいます。

さらに、糖尿病の典型的な症状である動脈硬化もEDには大きく関係しています。動脈硬化は、中性脂肪やコレステロールなどが動脈にたまり、動脈の弾力性や柔軟性が失われることで、血液の流れが悪くなってしまうことです。
そして、動脈硬化は細い血管ものほど注意が必要です。陰茎にある海綿体は毛細血管に該当しますので血液の流れが悪くなれば、障害が起きやすくなるのです。
このように、糖尿病になるとEDの原因がとても多くなります。糖尿病になると必ずしもEDが発症するというわけではありませんが、EDを発症する可能性が高くなるといえます。

病院で検査している様子

EDかもと思ったら、まずはクリニックへ

現在、日本の成人男性の約3人に1人がED患者であるとされています。また、一口にEDといってもその症状はさまざまで、「全く勃起しない」という人もいれば、「勃起はするけど中折れしやすい」という人もいます。さらに、EDの症状は年齢を重ねるにつれ発症しやすくなるため、「もう歳だから仕方ないか」と思う人もいます。そのため、どこからがEDなのか、明確に判断しにくくなります。

しかし、EDはさまざまな病気の合併症で起きえるため、EDの症状が現れるということは、身体がSOSを発信しているといえるかもしれません。歳だから仕方がないとか、クリニックに行くのが恥ずかしいなど、治療を受けなくてもいいと思っている人もいますが、いつまでも健康的な生活を送るためにも、クリニックで治療を受けましょう。
ED治療を専門に取り扱うクリニックでは、バイアグラなどのED治療薬の処方はもちろんのこと、問診や検査を行っています。糖尿病や動脈硬化などに疑いがある場合は、専門的な病院に紹介をしてくれるクリニックも多くあります。

糖尿病の治療を受けている人がバイアグラを服用する場合もクリニックへ

現在糖尿病の治療を受けている人がバイアグラを服用する場合も注意が必要です。糖尿病の治療には、バイアグラの併用禁忌薬である硝酸系の薬が処方されることもあるためです。
バイアグラと硝酸系の薬を併用すると、心肺停止などの重篤な副作用が発症することがあります。
したがって、現在糖尿病の治療を受けているという人がバイアグラを服用する場合も、きちんとクリニックで医師に相談し、処方を受けましょう。