人工透析を行うと高い割合でEDが発症しますが、バイアグラなどの服用により治療を行うことは可能です。ただし、ED治療薬の服用には注意が必要です。

人工透析イメージ

60代男性透析患者のED率は8割以上

腎臓機能が低下すると、老廃物の排出が十分でなくなります。症状が悪化すると、人工的に排出させる透析を行う必要性があり、それに伴い半数以上の人がEDを発症するといわれています。腎臓機能の低下は、年齢を重ねるにつれ発症率は高くなり、それにあわせてEDの発症率も上がります。あるデータでは60代以上の男性透析患者は8割以上がEDを発症しているといわれています。

腎臓機能低下とEDの深い関係性

腎臓機能の低下によるEDの発症には、さまざまな原因がありますが、具体的な原因には以下のものが挙げられます。
そのひとつが、「動脈硬化などによる血管系の異常」です。腎臓機能の低下が進むと、動脈硬化などの血管系の異常が高い割合でみられます。腎臓で、血液のろ過が十分に行われず、不要な成分が血液中に多く存在するなどの理由により、血管の壁が傷つくためです。陰茎の動脈は、身体の中でも非常に細いため、動脈硬化の影響を受けやすくなっています。
また、「ホルモン分泌の異常」もEDを引き起こす原因であります。勃起には、テストステロンという男性ホルモンが関係しており、テストステロン値が低下するとEDの症状が起こりやすくなります。透析治療を受けると同年代の健康な男性に比べ、テストステロンの数値が低下するとの報告がされています。
さらに、「自律神経の異常」もEDの発症に大きく関係しています。勃起には、自律神経の役割がとても重要です。腎臓機能が低下すると、自律神経にも異常がみられることが多いため、EDが発症しやすくなります。
ほかにも、「腎臓治療の薬の副作用」「貧血」などがEDの原因に関連しています。

腎臓

服用できないED治療薬も存在する

腎臓機能の低下により人工透析が必要となった場合、高い確率でEDが発症しますが、腎臓の治療を行っている人もバイアグラなどのED治療薬を服用することが可能です。
ただし、服用できるED治療薬には制限があります。世界最初のED治療薬であるバイアグラ、そして近年登場したシアリスは、きちんと治療をしている場合であれば服用することができます。しかし、バイアグラの次に販売されたレビトラは服用することができません。
現在、厚生労働省により認可されているED治療薬は、バイアグラのほか、レビトラ、シアリスがあります。これらのED治療薬はどれも違いがないと認識している人が多いのでは、と思いますが、実は成分や効果・効能には大きな違いがあります。そのため、ED治療薬を服用する際には、ED治療を専門に取り扱うクリニックで診察・処方を受けることをおすすめします。
クリニックで診断を受けることは、服用可能なバイアグラとシアリスにもいえることです。慢性的に腎臓機能が低下している人がバイアグラなどのED治療薬を服用した場合、健康な人に比べると血中濃度が上昇しやすいため、個人の判断でED治療薬を服用することは大変危険です。また、クリニックでバイアグラなどの処方を受ける際には、治療していることを医師に伝えましょう。