ED治療薬「バイアグラ」の利用における保険適用の範囲

ED治療薬のひとつであるバイアグラの利用は、保険の適用ができません。それは、EDにおける発症原因と薬の効果が理由とされています。どんな理由で保険が適用できないのか、保険適用範囲で症状を改善できないのか、そういった悩みについて調べていきます。

保険外になるのには理由がある

ED治療薬として知名度の高いバイアグラですが、保険適用外の薬となります。風邪のような一般的な病気を診察するのであれば、健康保険や社会保険が適用できます。そのため、患者が払う負担は医療費の3割に抑えられているのです。しかし、バイアグラは保険適用外のため、診察や薬の料金など、諸経費の全てを患者の自己負担で払わなければなりません。ED治療薬であるバイアグラは、なぜ保険適用外とされているのか。理由としては下記の3つがあげられています。

・EDは生命維持にかかわらない疾患であること
・根本的な治療ではなく、生活の質を高める薬であること
・薬の処方が必要ない人が求めている場合が多いこと

こういった理由があり、現在バイアグラは、保険を適用することのできない薬とされているのです。
しかし、日本には多くのED患者がいます。患者負担を軽減できるよう工夫しているクリニックもあるため、保険が適用できなくても、自分の予算内で受診できるクリニックを探すと良いでしょう。

ED治療の複雑さが保険外になる

ED治療薬とは、生命維持にかかわらず、根本的な治療でもなく、生活の質を高める薬です。
なぜこういった見解がされ、バイアグラが保険適用外とされているのでしょうか。それはEDが発症する原因と関係があります。EDの原因は大きく分けて心因性、器質性、薬剤性だとされています。それぞれどういった内容なのか、確認してみましょう。

心因性

精神的な理由で起るEDです。トラウマやコンプレックス、行為の際に過度に緊張するなど、精神的な悩みが発症に繋がります。ある日突然発生することもあり、性欲低下や過剰抑制などが症状としてあげられます。

器質性

物理的な身体の障害により起るEDです。研究によって、糖尿病や高血圧といった生活習慣病の合併によってEDになるリスクが高くなると発表されました。また、脊髄損傷などの、外傷による後遺症として発生した機能障害も器質性EDとなります。

薬剤性

常用している薬の副作用で引きおこされるEDです。薬剤性EDに繋がる可能性がある薬はいくつか種類があり、素人では判断が難しいため、専門の医師による確認が必要となるでしょう。

EDは様々な理由で発症し、バイアグラなどの治療薬だけでは、根本的な治療ができないといえます。そのため、ED治療薬は一時的な改善薬とされ、保険適用外の薬となっているのです。

保険の適用ができるED治療

直接的なEDの治療には、保険適用ができません。しかし、間接的なED治療、原因の一部の治療に関しては、保険の適用が可能となる場合があります。

保険の適用で改善可能な内容

1 生活習慣病

生活習慣病はEDと関わりの強い病気です。糖尿病や高血圧などは、神経や血管に損傷を与え、正常な勃起ができなくなりEDに繋がる場合があります。そして、糖尿病などの一部の生活習慣病は保険適用となります。生活習慣病の治療として保険を適用することで、費用を抑えながら、間接的にEDの改善をすることができるでしょう。

2 男性更年期障害

EDは男性更年期障害の症状のひとつです。男性更年期障害は、加齢などにより男性ホルモンが減少することで引き起こされます。日本では、男性更年期障害の治療で使用される、注射剤については保険適用のため、患者の負担が軽減できるのです。

3 損傷や機能障害の場合

交通事故などで、血管系や神経系が損傷すると、性機能障害が起る可能性があります。そういった時は、保険を適用して治療を受けることができます。また、先天的、後天的な性機能障害の場合でも保険が適用できる病気があります。例としては、天性陰茎湾曲やペローニ病などです。性機能障害による治療では、医師の診断内容によって、保険適用外となることもあるようなので、診察の際に確認しておきましょう。

努力次第では自力でも改善可能

EDの不安はあるが、費用をかけたくないという人は、どうすればよいのでしょうか。実は、病院やクリニックで受診しなくても、自分の努力しだいで、症状を改善できる場合もあるのです。

ダイエットで症状を改善

肥満の人がEDを発症している場合、体重の減少によって、勃起機能の改善が見込めると報告されました。そのため、低カロリー食によるダイエットは、病院に受診せずとも症状の改善ができる方法のひとつなのです。

日々の運動不足を改善

週に2.5時間以上のランニングを行っている人は、EDのリスクが30%低くなるという研究結果があります。ランニングやウォーキングといった持久力を高める運動は、自分でできるEDの改善方法といえるでしょう。

禁煙による改善

ヘビースモーカーの人が、1ヶ月間禁煙することで、ED症状の改善に大きな効果があるといわれています。もちろん個人差はありますが、タバコを吸われている人は、禁煙することで勃起効果の改善ができるかもしれません。

こういった自力で改善していく方法では時間がかかりますが、保険の適用や費用を気にせずとも、症状の改善が見込めます。継続するのが難しいと考える人もいるかもしれませんが、少しずつ挑戦してみてください。

早くEDを改善したいなら病院に頼る!

自力での改善や、保険適用範囲内で治療を行なう場合は、長期的に継続することが重要となります。しかし、症状が改善されるまで、パートナーからの誘いを断り続けるのも難しいでしょう。そのような時の補助薬として、バイアグラの服用を検討しても良いかもしれません。ED治療薬では根本的な解決はできませんが、一時的に勃起を促すことができます。そのため、パートナーとの関係において、性行為のストレスを軽減することができるのです。

バイアグラは保険適用外のため、金銭的負担が大きく、利用を躊躇する人も少なくないはずです。日本には、そういった人にオススメのクリニックも存在しています。ED治療で知られる、イースト駅前クリニックでは、治療薬を1錠から購入することが可能です。このように、少量から購入できるので、気になっている薬が体質にあっているか、お試しで使用することもできるでしょう。また、専門知識のある医師に相談することで、バイアグラだけでなく、レビトラやシアリスといったED治療薬の中から、患者にとって最適な治療薬を提案してくれます。パートナーとより良い生活を送るためにも、専門医師の知識や、バイアグラなどのED治療薬を役立てましょう。

ストレスなく治療を続けるために

バイアグラの購入では保険が適用ができないことが分かりました。ですが、生活習慣病などで起るEDでは、問題となる症状の治療を目的として保険を適用し、間接的にED治療ができる場合があります。しかし、生活習慣の改善には、自力で努力しても、医療機関に頼ったとしても、時間がかかるものです。一時的でもEDを改善したい方は、治療薬の利用も検討しておくべきでしょう。

根本的な原因の治療と、バイアグラを並行して利用することで、ストレスを軽減しながら治療を続けられます。クリニックによっては、治療薬を少量から処方できる場合もあるので、医師に相談し、自分にあった、ED治療薬を探してみましょう。