バイアグラを飲むと男性ホルモン量が増えてハゲになる。このような都市伝説を耳にしたことのある方も多いと思います。実際のところ、本当にED治療で薄毛・ハゲになることがあるのでしょうか?

男性と鏡

男性ホルモンと薄毛・ハゲとの関係

薄毛・ハゲの要因はさまざまですが、男性ホルモンもその1つです。そのため、男性ホルモンが増えることによって、薄毛・ハゲになると考えられるようになったのでしょう。
しかし、たしかに男性ホルモンは薄毛の要因ですが、男性ホルモンが単体で直接薄毛を引き起こしているわけではありません。
男性ホルモンは、別の要因と結び付いて初めて薄毛を引き起します。そのことを証明した研究として有名なのが「ハミルトンの実験」です。実験の3つの結果を以下に示します。

  1. 1. 去勢をした男性は薄毛にならない。薄毛の進行中に去勢をすると薄毛がストップする。
  2. 2. 薄毛進行中の男性を去勢して、男性ホルモンを注射すると再び薄毛が進行する。
  3. 3. 薄毛ではない男性を去勢して、男性ホルモンを注射しても薄毛にならない。

以上の実験結果から、男性ホルモンは薄毛の要因の1つではあるが、男性ホルモンの作用だけで薄毛になるわけではないということが分かります。

では、別の要因とは何なのでしょうか。それは、「5α-リダクターゼ」と呼ばれる酵素です。
睾丸で分泌される男性ホルモン「テストステロン」は、5α-リダクターゼと結び付くと、「ジヒドロテストステロン」という別の男性ホルモンを形成します。実は、このジヒドロテストステロンが、薄毛の原因といわれています。

つまり、薄毛・ハゲは、男性ホルモンと5α-リダクターゼの2つの要因が関係しているということです。

バイアグラを飲むと薄毛・ハゲになる?

男性ホルモンと薄毛・ハゲの関係は、前項で説明した通りです。バイアグラを飲むと薄毛・ハゲになるという都市伝説は、バイアグラによって精力的になる=男性ホルモンの分泌量が増えると考えられたためでしょう。
しかし、実際には、ED治療で使用されるバイアグラに男性ホルモンの分泌量を増やす効果はありません。
バイアグラなどのED治療薬は、男性器の血管を拡張させ、勃起しやすくさせるための薬剤です。バイアグラの服用自体が、直接的に薄毛・ハゲを誘発することはありません。

ただし、バイアグラによって男性機能を取り戻し、何度も行為に及んだ場合は、亜鉛不足に陥りやすいため注意しなければなりません。
海外では「セックスミネラル」と呼ばれるほど、亜鉛は性行為に重要な栄養素です。精子を形成するためにも必要となる亜鉛ですが、実は育毛・発毛にとっても不可欠な栄養素といわれています。
そのため、バイアグラによって、射精の回数が増えたことによって亜鉛が不足し、そのことが原因で薄毛・ハゲになる可能性はあるでしょう。

バイアグラを服用する際は、亜鉛やタンパク質などを同時に摂取することをおすすめします。薄毛・ハゲの防止につながるだけではなく、ED治療をサポートすることにもなるでしょう。

ED治療と薄毛治療は両立できる?

ハートを持ってる女性

EDはさまざまな原因により起こるため、必ずしも特定の年齢に偏っているわけではありません。しかし、年齢を重ねるごとにEDの原因となりうる生活習慣病のリスクも高まるため、やはり加齢とEDは切っても切れない関係にあります。
また、加齢とともに抜け毛の数も増えるため、薄毛のリスクもどんどん高まっていきます。

つまり、年齢を重ねるごとにEDと薄毛・ハゲを併発するリスクは高くなるといえるでしょう。では、ED治療と薄毛治療を同時に行うことはできるのでしょうか。

薄毛治療薬として有名なプロペシアは、副作用としてEDや精子減少が起こることが報告されています。しかし、プロペシアの副作用対策として、バイアグラが利用されることもあるため、ED治療薬との併用は特に問題ありません。

プロペシアなどの薄毛治療薬は、薄毛の原因となる5α-リダクターゼの働きを抑制するものです。血管を拡張させ、血行を良くする働きのあるバイアグラとは、作用が異なるため、互いに影響を及ぼすことはありません。

それどころか、薄毛の原因が頭皮の血行不良である場合、バイアグラの服用が薄毛治療にプラスに作用する可能性もあるでしょう。

薄毛治療薬の種類によってはED治療薬との併用NG

ED治療薬と薄毛治療薬の併用は問題ないと述べたところですが、実は薄毛治療薬の種類によってはNGな場合もあります。

5α-リダクターゼの働きを抑制する、プロペシアなどの薄毛治療薬は、フィナステリド系と呼ばれます。前述の通り、フィナステリド系の薄毛治療薬は、バイアグラなどのED治療薬と効果が異なるため、併用しても大丈夫でしょう。

しかし、リアップなどの市販薬で有名な、ミノキシジル系の薄毛治療薬と併用する場合は注意が必要です。
ミノキシジル系の薄毛治療薬は、血管拡張作用によって毛根に十分な血液を巡らせる効果があります。つまり、ED治療薬と効果が同様なため、併用すると血管拡張作用が強く働き、急激な血圧低下を招く可能性もあるため、大変危険です。

ED治療を行いながら、ミノキシジル系の薄毛治療薬を利用したい場合は、全身に作用する飲み薬ではなく、頭部にのみ作用する外用薬を利用するようにしてください。