バイアグラは、ED治療に効果的でありますが、効果を得るには正しく服用することが大切です。そのためにも、特徴や使用期限などについてよく理解しておきましょう。

バイアグラの使用期限

バイアグラ50mg

バイアグラには使用期限がある

バイアグラに限らず、薬には使用期限というものがあります。使用期限を過ぎた薬は、本来の効果が得られないだけでなく、薬によっては健康被害を引き起こす可能性もあるため、使用期限は厳守しなければなりません。
しかし、ED治療を専門としていないクリニックなどで処方されたバイアグラであれば、あまり多く処方されることがないため在庫の薬剤が古く、処方された時点で既に使用期限が迫っている……なんてこともあります。
バイアグラを正しく安全に服用するためにも使用期限は事前にチェックしておきましょう。

バイアグラの使用期限は、「バイアグラの箱の側面」に記載されています。バイアグラを箱で購入した場合は、まず箱の側面をチェックしましょう。
また、「PTPシートの丈夫」にも使用期限は記載されています。バイアグラは、10錠で1シートになっています。バイアグラをシートで購入した場合は、PTPシートの上部を確認してみましょう。「EXP 18.4」というような記載がされていれば、これが使用期限です。「EXP 年.月」という意味のため、この場合であれば2018年4月が使用期限になります。

バイアグラは1錠から処方を行っているクリニックも多く、10錠以下で処方を受けた場合、使用期限はどこにも記載されていません。そのため、クリニックによっては使用期限表を掲示している場合もありますが、どこにも掲示がされていない場合もあります。そういった場合は、事前にクリニックに確認しておきましょう。

使用済のシート

PTPシートから取り出してしまったときの使用期限

バイアグラを服用しようと思ったけど、その日は服用しなかった……など、PTPシートから取り出した後の使用期限はどうなるのでしょうか。
バイアグラはピルケースに入れて持ち歩くことも可能であるため、PTPシートから取り出しても高温多湿や直射日光を避ければ、約1年は服用できるといわれています。そのため、PTPシートから取り出したそのままの状態で、2~3日放置していても問題ありません。
日本国内で販売されている正規品のバイアグラは、すべてPTPシートに入っていますが、海外で販売されている正規品のバイアグラには、ボトルに入って販売されているものもあります。このことから、バイアグラは空気に触れても問題がないことがわかります。
また、PTPシートからすべて取り出し、ピルケースに入れて持ち歩く場合は、ピルケースに使用期限や取り出した日時を記載することをおすすめします。バイアグラは、常用薬と違って、毎日服用するということはほとんどありません。性交を行う前だけに服用するものであるため、処方から服用までの期間が長くなってしまう場合もあり、いつ処方をしてもらったのか、いつピルケースに入れ替えたのか忘れてしまうことが多くあります。使用期限を正しく守るためにもメモしておきましょう。
割れたEDの治療薬

割った場合は、なるべく早く服用を

バイアグラは、割って服用している方も多くいます。バイアグラの錠剤を割った場合の使用期限はどうなるのでしょうか。
バイアグラの錠剤は青色ですが、割ると中は白色です。青色の部分はコーティングで、白色の中身を守る役割を果たしているのです。そのため、割ってしまうとコーティングから守られず、中の薬剤は空気に触れてしまいます。空気に触れてしまうと、劣化が進みやすくなるため、PTPシートから取り出したときと比べると、割ったときの方が使用期限は短くなってしまいます。割ったバイアグラをなるべく長く保存するためには、空気に触れないようにラップをしたり、ピルケースにティッシュを入れて保管したりしておきましょう。また、このように保管に気をつけていた場合でも、使用期限は1~2周間程度とされています。
1~2週間というのは、あくまでも目安です。したがって、なるべく早く服用するに越したことはありません。

バイアグラとレビトラ、シアリスの違い

バイアグラのアップ

現在、厚生労働省の認可を受けているED治療薬は、バイアグラの他に、レビトラ、シアリスがあります。
ED治療薬によって、特徴や効果は異なるため、自分に合ったED治療薬を選ぶことが大切です。
以下では、バイアグラとレビトラ、シアリスの違いについて詳しくご紹介します。

錠剤の形状について
バイアグラは、青いひし形の形状をしています。東和薬品のジェネリックは白い丸形、キッセイ薬品の青い丸形です。
レビトラは、オレンジ色の丸形です。シアリスは、黄色のたまご型です。
有効成分について
バイアグラの有効成分は、シルデナフィルクエン酸塩です。
レビトラの有効成分は、塩酸バルデナフィル水和物です。
シアリスの有効成分は、タダラフィルです。
用量について
バイアグラは、25 mg、50 mgがあります。(海外には100 mgも存在しますが、日本国内では製造・販売されていません。)
レビトラは、5 mg、10 mg、20 mgがあります。
シアリスは、5 mg、10 mg、20 mgがあります。
錠あたりの料金について
バイアグラは、25 mgが約1,300円、50 mgが約1,500円です。ジェネリックは、約1,000円です。
レビトラは、10 mgが約1,500円、20 mgが約2,000円です。
シアリスは。10 mgが約1,700円、20 mgが約2,000円です。
ED治療は、健康保険が適用されないため、かかる費用はクリニックによって異なります。
また、薬代の他に診察料がかかる場合もありますので、費用で気になることがあればクリニックに直接問い合わせください。
特徴について
バイアグラは、世界で最初にED治療薬として製品化されたものです。世界中で最も認知度が高く、多くの患者が服用しているため、安心感があります。効果は短時間ですが、しっかりと働きかけてくれます。ED治療薬で唯一ジェネリックが存在します。
レビトラは、水に溶けやすい性質であるため、早く効果が現れます。
シアリスは、バイアグラやレビトラと比べ、マイルドに効果が現れ、長時間効果が持続します。
作用時間
バイアグラは、約5時間。レビトラは、約5~10時間。シアリスは、約20~36時間。
このようにED治療薬でも薬によって特徴は異なります。また、薬の効き方も個人によって様々です。バイアグラが最も効果があるという方もいれば、シアリスが最も効くという方もいます。バイアグラの副作用には、「顔のほてり」や「目の充血」などがありますが、バイアグラ、レビトラ、シアリスともに血管を拡張する作用がありますので、これらの副作用はどの薬にも現れる可能性があります。ただし、副作用の出方も個人によって異なります。副作用の少ないものを選びたいという方は、どの薬が自分に合っているのか、飲み比べてみることをおすすめします。また、クリニックでは問診や検査を行ってから薬を処方しますので、専門医の意見を参考にしながら薬を選ぶことができます。そのため、自分の体質に合った薬を選ぶには、クリニックで処方を受けるのが最も手っ取り早い方法であるといえます。

バイアグラによくある質問

先生に相談しているところ

バイアグラの服用に関して、よくある質問をまとめました。
バイアグラの服用を検討している方はご参考ください。

バイアグラは毎日服用しなければいけませんか?
バイアグラは、性交前に服用するものであるため、毎日服用する必要はありません。
バイアグラを続けて服用してもいいですか?
バイアグラは1日1錠、24時間以上間隔をあける必要があります。規定摂取量を超えると、副作用のリスクが高くなるため、用法用量を守りましょう。
バイアグラは何歳から何歳まで服用することができますか?
バイアグラに年齢制限は定められていません。そのため、20代から80代の方まで服用されています。ただし、体質によって服用できない場合や併用禁忌薬があります。健康面に不安がある方や現在薬を服用している方などは、クリニックで処方を受けることをおすすめします。
バイアグラは噛めば早く効果が現れますか?
噛んで服用すること自体に問題はありませんが、早く効果が現れることはありません。ただし、バイアグラの中身はとても苦くなっているため、噛まずに飲み込むことをおすすめします。
バイアグラは他の薬と併用して飲むことができますか?
バイアグラには、幾つか併用禁忌薬があります。特に、狭心症や心臓病治療に用いられる硝酸剤(ニトログリセリン)の併用は、心肺停止などの重篤の副作用を引き起こすことがあるため、絶対に一緒に服用しないでください。現在、バイアグラの他に薬を服用している場合は、お薬手帳を持参し、どういった薬を飲んでいるのか医師に説明しましょう。
バイアグラはいつ飲めばいいですか?
バイアグラは、原則性交の1時間前に服用します。空腹時は効果が早く現れやすいため、なるべく空腹時に服用することをおすすめします。逆に、満腹時に服用すると効果が薄れてしまう可能性もあるため、注意が必要です。
バイアグラ50 mgを2錠同時に服用してもいいですか?
バイアグラには、25 mg、50 mg、100 mgがありますが、日本国内での販売が認められているのは、25 mg、50 mgです。そのため、バイアグラ50 mgで効果が感じられなかった方は、欧米で販売されている100 mgの服用を検討する方がいらっしゃいます。しかし、日本で100 mgのバイアグラが販売されていないことには理由があるのです。欧米人と日本人の体格を比べると、欧米人のほうが大きい傾向にあります。そのため、欧米人と比べ体格の小さい日本人は、50 mgで十分効果が表れるとされています。欧米人のように体格の大きい方であれば、50 mg×2錠の服用が認められる場合がありますが、これはあくまでも医師による服用が認められた場合のみです。個人の判断で服用すると、副作用のリスクを高めることになりますので、バイアグラ50 mgで効果が得られなかった方は、医師に相談してみましょう。
バイアグラを飲めば、性欲も向上しますか?
バイアグラは、血行を促進させるための薬であるため、性欲が増すことはありません。そのため、飲めばたちまち勃起するというわけではなく、性的刺激を受けることで勃起が起こります。
女性が服用することはできますか?
バイアグラは、勃起不全を改善するための薬です。そのため、女性が飲んでも効果はありません。
バイアグラの購入には健康保険が適用されますか?
ED治療は、健康保険が適用されません。そのため、バイアグラをはじめ、レビトラやシアリスといったED治療薬の処方はすべて自由診察となります。クリニックによって、薬代や診察料が異なる場合がありますので、ED治療に関して費用で気になることがあれば、クリニックに直接問い合わせください。公式サイトにかかる費用が掲載されているクリニックもあります。
バイアグラを通販で購入したいのですが、どうすればいいですか?
基本的にバイアグラは通販で購入することができません。ただし、個人輸入で海外から取り寄せすることは可能です。ところが、とある調査によると個人輸入で販売されているバイアグラの半分以上が偽物であったと報告されています。個人輸入では偽物を掴まされる可能性が高いため、十分に注意しなければなりません。正しく安全に服用したいなら、クリニックでの処方をおすすめします。