勃起不全を意味するEDには、バイアグラが有効的であるといわれています。世界で最初に登場したED治療薬であるバイアグラは、知名度・販売数共にトップクラスであり続けています。

バイアグラについて

海外製のバイアグラ

バイアグラ登場から現在に至るまで

バイアグラは、世界で初めてED治療薬として製品化された薬で、青いひし形の形状が特徴です。名前の由来は、活力に満ちた、生気を与えるなどの意味を持つ「Vital(バイタル)」と、ナイアガラの滝「Niagara(ナイアガラ)」にあり、その2つ言葉を組み合わせて「Viagra(バイアグラ)」という名前になりました。
バイアグラは、1998年にアメリカで発売され、発売当初は「夢の薬」として、世界中で注目を集めました。バイアグラの発売は、日本国内でも瞬く間に話題となりましたが、当時はまだ国内で発売されていなかったため、個人輸入を通じてアメリカからバイアグラを購入していました。しかし、個人輸入で入手した方の多くは、併用禁忌薬や副作用、使用上の注意などを確認せずに服用しており、正しい服用を行っていない場合がありました。中には、併用禁忌薬のひとつである硝酸剤と併用してしまい、心肺停止などの重篤な副作用を引き起こす健康被害が見られました。そこで、早急に安全対策を行うべく、1999年には日本国内でもバイアグラの製造・販売が認可されます。アメリカでの発売からたった1年で製造・販売が認可されるということは、非常に珍しいケースとなりました。

このように日本国内でも多くの人がバイアグラの発売を望んでいたということが分かります。
日本国内でのバイアグラ発売から約15年たった現在では、バイアグラの後発薬(ジェネリック医薬品)が販売されています。
一時期、バイアグラや後発薬の服用により重篤な副作用が発症したなどのニュースがもてはやされた時期がありました。そのニュースから、「バイアグラ=危険な薬」というようなイメージを持っている方がおられますが、これは用法用量を守らずに服用した場合に起こるものであり、正しく服用すれば重篤な副作用が発症することはありません。安全に正しく服用するためにも、ED治療を専門とするクリニックなどの医療機関で処方を受けましょう。

シルデナフィル

有効成分「シルデナフィル」の効果と発見

バイアグラの有効成分は、「シルデナフィル」というものです。バイアグラは、含有量により呼び名が異なり「25 mg」「50 mg」「100 mg」と呼ばれています。ただし、日本国内で販売が認められているのは「25 mg」と「50 mg」です。「100 mg」の国内正規品は存在しません。
有効成分のシルデナフィルは、勃起不全を引き起こす酵素の働きを抑制し、陰茎の血液の流れをよくすることで、勃起を促します。服用後の勃起は性的な刺激・興奮を感じることで引き起こるものであるため、バイアグラを飲めばたちまち勃起するものではありません。また、精力剤や媚薬のように性的興奮を感じやすくなる、ということもありません。ただ、バイアグラを服用すれば、陰茎の血流がよくなるため、性的感度が上がると感じることもあるようです。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルがEDの治療に有効的であるという発見は、実は意外なところにありました。もともとシルデナフィルは、ED治療薬開発のために発見した成分ではなく、狭心症の治療薬開発に用いられていた成分だったのです。当初は血管を弛緩させる効果を期待していましたが、シルデナフィルでは狭心症の治療に大きな成果はなく、試験は失敗に終わりました。しかし、シルデナフィルは陰茎周辺の血管にだけ作用し勃起を誘発することを発見したのです。
今では、ED治療薬の代名詞であるバイアグラですが、その誕生は実は偶然だったのです。

活力に溢れるイメージ

バイアグラ服用から、勃起へのメカニズム

バイアグラは、服用後約1時間で効果が現れます。空腹時であれば、30分程度で効き始めることがありますが、効果が現れるまでにかかる時間には個人差があります。成功の際には、服用からの時間が短いと、まだ効果が現れない場合がありますので、約1時間前に服用することをおすすめします。また、早く効果を期待するために、かみ砕いて服用するケースを聞きますが、苦味を感じるだけで、早く効果が現れることはありません。焦らず臨みましょう。

バイアグラの服用後、副作用のひとつとして「顔のほてり」があげられます。服用しますと、血行が促進されるため、顔を始め全身がポカポカとするように感じます。ほてりは効果が現れている証しでもあるため、心配する必要はありません。また、効果は服用後約4~5時間持続します。この期間中、常に勃起し続けているわけではなく、性的刺激・興奮を受けることで、勃起が起こります。

バイアグラの副作用や注意点

火照りのイメージ

バイアグラの副作用について

バイアグラを服用すると、副作用が発症することがあります。主な副作用には、「顔のほてり」「目の充血」があり、これらの症状は服用した方の多くが感じるものです。しかし、これらの副作用は軽度のものであり、性交そのものや健康面で支障をきたすことはなく、効果が現れたときの特徴であるというくらいの認識で問題ありません。また、「頭痛」を発症することもあります。頭痛も、効果が現れたときの特徴のひとつであるため、心配はありませんが、症状がひどく性交を行うことができないような状態になるのであれば、頭痛薬や鎮痛剤を服用ください。バイアグラは、頭痛薬と一緒に服用しても問題ありません。
その他にも、「動悸」や「鼻詰まり」などの副作用が発症することがありますが、これらの副作用はバイアグラの効果が切れると同時に収まります。そのため、深く心配する必要はありません。
ただし、副作用が作用時間以上に長く続くという場合は、バイアグラが体質に適していない可能性も考えられますので、クリニックに相談してみましょう。

バイアグラを正しく服用するための注意点

バイアグラの服用により重篤な副作用を発症しないためには、用法用量を守ることが大切です。
以下は、バイアグラ服用に関する注意点です。

脂肪分が含まれる飲み物での服用、多量のアルコール摂取は避ける
バイアグラは、水以外のお茶やアルコールでも服用できます。
だたし、牛乳やヨーグルトジュースなど脂肪分が含まれる飲み物での服用は避けてください。薬の吸収を妨げる可能性があるためです。また、アルコールも飲みすぎには注意が必要です。アルコールにはリラックス効果があるため、少しくらいの飲酒であれば問題がありません。しかし、アルコールを飲みすぎてしまいますと、バイアグラの血行促進作用によって、全身にアルコールが回って、急性アルコール中毒などの症状を引き起こすことがあります。
服用は、1日1回、24時間以上間隔をあける
バイアグラは、服用すればするほど効果が大きく現れるわけではありません。それどころか、服用すればするほど副作用が発症する可能性が高くなります。場合によっては、重篤な副作用を引き起こすこともあるため、バイアグラの服用は1日1回までにしましょう。
食事と一緒に服用すると効果の現れが遅れたり、効果が半減したりする場合がある
バイアグラは、食事の影響を受けやすいため、なるべく空腹時に服用することをおすすめします。食事をしなければならない場合は、先にバイアグラを服用して、30~40分後に食事をしましょう。体内に吸収させてからであれば、食事をしても効果に影響を与えることはありません。また、やむを得ず服用前に食事しなければならない場合は、脂っこい食事は避け、あっさりとしたものを口にするようにしましょう。
人にあげない、貰わない
クリニックでは、あなたの体質に合ったバイアグラが処方されます。そのため、クリニックで処方されたものだからといって他の人に譲渡するのはやめましょう。逆に、人から貰うのも危険です。

バイアグラを服用できない方

バイアグラは、体質により服用できない場合があります。

    • バイアグラの服用によりアレルギーを発症したことがある方
    • 低血圧、高血圧の方
    • 心血管系の障害を患っており、性交自体が不適切とされている方
    • 重い肝機能障害を患っている方
    • 網膜色質変性症の方
    • ここ半年間で脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの症状を発症した方

これらの体質に当てはまる方がバイアグラを服用すると、重篤な副作用が発症することがあります。
そのため、これらの体質に当てはまる方、また少しでも可能性が考えられる方は、必ず服用前に医師に相談しましょう。

バイアグラの併用禁忌薬

また、バイアグラには併用禁忌薬があります。
併用禁忌薬は以下のとおりです。

        • 塩酸アミオダロン製剤
        • 硝酸剤
        • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬

これらの薬と併用して服用すると、危険なレベルにまで血圧が下がり、最悪の場合死に至ることもあります。
特に、硝酸剤は飲み薬だけでなく、舌下錠、注射、吸入剤、スプレー、貼り薬などどういったタイプのものであっても服用することができませんので、注意が必要です。
現在、服用している薬がある方は、薬の現物、又はお薬手帳などを持参し、医師に相談ください。

バイアグラ個人輸入の危険性

シートに入ったバイアグラ

偽物に注意

とある調査では、インターネットで流通しているバイアグラの約55%が偽物であったと報告されています。
通常、バイアグラはクリニックで処方を受けます。クリニックでは、正規ルートで入手したバイアグラのみを処方しているため、心配はありません。
しかし、安く手に入れようと、個人輸入による通販で購入している方もいます。
個人輸入であれば、正規品の半分くらいの値段で購入できるものもあるため、とてもお得だと思っている方もいるかもしれませんが、個人輸入で海外から入手した場合、偽物を掴まされてしまう可能性があるため、注意が必要です。
調査によって発見された偽物のバイアグラには、有効成分のシルデナフィルの量が少ない、多いなど、含有量の規定が満足にできていない場合があったり、そもそもシルデナフィルが全く含まれていなかったり、他の成分が含まれている、中には不純物が含まれている場合もあります。偽物のバイアグラを服用すると、効果が得られないというだけでなく、健康被害を及ぼす可能性も考えられますので、安全に服用するためにも、クリニックで処方を受けましょう。
また、クリニックで処方を受けた薬には、「医薬品副作用被害救済制度」という制度が適応されます。これは、クリニックで処方された薬を正しく服用したにも関わらず、副作用が発症し健康被害に遭った場合、公的機関によって治療費の一部を負担してもらうことができる制度です。
この制度はあくまでも「クリニックで処方された薬を正しく服用した場合」に適応されるものであるため、個人輸入などの不正規ルートで入手した場合には適応されません。したがって、個人輸入で入手したバイアグラで副作用が発症した場合は泣き寝入りするしかありません。
このように万が一のことを考えた場合、やはりクリニックで処方を受けるのが最も安全であるといえます。

偽物のバイアグラの製造環境

偽物のバイアグラは、世界各国で製造されており、これまでに60カ国以上の国で、偽物が発見されています。また、60カ国の中には、日本も含まれています。そんな偽物のバイアグラの製造環境は、実に信じ難いもので、工場ではなく自宅やアパートの一室で製造されていることがあります。また、ポリ袋やペットボトルなどに詰められて保管されていることもあります。このように全く品質管理がされていない環境で製造されているということは、不純物などが混入しても仕方がないといえるでしょう。
こういった環境で製造されているということを知りながらも、個人輸入で購入し続けますか?

本物と偽物の見分けは困難

バイアグラは、ファイザー製薬が製造・販売しています。そのため、青くひし形であってもファイザー社のものでなければ偽物です。また、ファイザー社はアメリカに本社を構えているため、アメリカから発送されるバイアグラは本物であると認識している方も多くいます。しかし、世界では60カ国以上の国でバイアグラの偽物が製造・販売されており、その中にはアメリカも含まれます。したがって、アメリカから発送されたものはすべて本物というわけでもありません。

バイアグラの本物・偽物には、いくつか見分け方が存在します。
まずは「色」です。バイアグラは、「青い錠剤」が特徴的ですが、本物と偽物には色に違いがあります。色が薄い、又は濃いという場合や色にムラがあるなどの場合も偽物の可能性が高いといえます。
また、バイアグラの表面には、製造・販売を行っているファイザー社の「ロゴ」が記されていますが、このロゴの形が本物と偽物では異なる場合があります。
より確実に本物と偽物を見分けたいという場合は、バイアグラを水に溶かしてみましょう。本物のバイアグラは、水に溶かすと約1分30分で薬が少し砕けてきて、約3分で完全に砕けて、約30分で溶けます。水に溶けにくい、ダマになりながら溶けていく、溶けた後の成分が容器に付着しているなどの場合は偽物である可能性が高いといえます。

しかし、近年は巧妙に作られた偽物も多く存在しています。中には、見た目や溶かしただけでは判断できない偽物も存在します。バイアグラを販売している個人輸入代行業者でさえ、本物と偽物かどうかの区別ができない場合もあるため、通販で確実に本物を手にするということはかなり難しいということが分かります。
個人輸入は、「正規ルートよりも安く手に入れることができる」「家にいながら購入することができる」「周りの人にバレにくい」など一見利便性が高く感じられますが、身体のことを考えるならば、やはりクリニック処方してもらいましょう