シアリスは、バイアグラやレビトラに比べて値段が高く設定されています。そこで、シアリスの相場や安全性が高い購入方法、なるべくお得に購入するポイントを紹介します。

シアリスの相場価格はどれくらい?

ED治療薬で有名な「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」は、それぞれ特徴があります。もちろんその値段は治療薬によって異なるため、初めてED治療薬を購入する人は悩むでしょう。そこで、バイアグラやレビトラとは異なる強みを持っている「シアリス」の特徴と、治療薬の相場価格を紹介します。

ED治療薬の相場価格

ED治療薬は種類によって値段が少し変わりますが、実際にはどれくらいの違いがあるのか比べて見てみましょう。

ED 治療薬 1錠当たりの税込み価格

バイアグラ 25mg約1,300円 50mg約1,500円
レビトラ 10mg約1,500円 20mg約1,800円
シアリス 10mg約1,700円 20mg約1,800円

三つの治療薬の値段を見てみると、シアリスが少しだけ高い価格設定なのがわかります。ED治療薬は毎日必ず服用しなければいけない物ではなく、必要になったタイミングだけ使用する物です。値段ではなく、使いやすさや体質に合っているかどうかという目線で選ぶことをおすすめします。

持続力が高いシアリス

シアリスの一番の特徴は「効果の持続力」です。バイアグラやレビトラの場合は即効性を重視した効果のため、持続する時間は長くて5~7時間程です。しかし、シアリスはゆっくりと効果が現れるため最大36時間持続させることができます。デートの前日に飲んでおけば次の日は1日効果が持続します。
日本で認可されているED治療薬の中で最も新しいシアリスですが、その長い持続力とシチュエーションを選ばず服用できる使い勝手の良さで、幅広い世代に愛用されているED治療薬です。

シアリスの購入方法

使い勝手が良く持続力が高いシアリスですが、「値段が高くなかなか購入に踏み出せない」という人も多いでしょう。購入方法を工夫することで少しだけ安く手に入る場合があります。そこで、シアリスを購入する方法と、できるだけ安く購入するために押さえた方が良いポイントを紹介します。

病院やクリニックで処方してもらう

まず紹介するのは病院やクリニックで医師の診断を受けて、治療薬を処方してもらう方法です。クリニックで処方をしてもらうと、初診料や再診料などの薬代以外の費用がかかり、治療費が高くなります。しかし、しっかりと医師の診断を受けることで、EDの原因を見つけることができたり、シアリスを服用した際のリスクを抑えることができたりするメリットはとても大きいでしょう。
また、シアリスの正しい服用方法や注意事項の説明や、普段人には言えないEDに関する悩みの相談にのってくれるため、精神面の負担を軽くしてくれます。

シアリスをお得に購入するポイント

ED治療薬を少しでもお得に購入するポイントは、「診察料がかからないクリニックを選ぶ」ことです。
ED治療を専門に行っているクリニックなどでは、診察料がかからないところが多く、薬代のみで治療薬を処方してくれるので、シアリスなど治療薬を購入するクリニックを探す場合は、ホームページなどで診察料がかかるかどうか確認するようにしましょう。

個人輸入サイトを利用して購入する

シアリスを使っている人には、少しでも費用の負担を軽減するために「個人輸入サイト」を活用する人もいます。インドで作られているシアリスのジェネリック医薬品「タダリス」は、シアリスの半分以下の値段で入手できるため、人気があります。また、成分もシアリスと同じ主成分でできているため同様の効果が期待できる薬です。しかし、製造方法や安全基準が日本とは異なるため、効果や副作用の出方に違いが現れる可能性があることを認識しておきましょう。
また、個人輸入は治療薬を安い値段で購入することができますが、海外のものを購入した場合、送料が高額になる場合もあります。

個人輸入の危険性

安くシアリスを入手するために、個人輸入サイトが選ばれますが、治療薬を購入する際は価格ばかり気にするのではなく、「安全性」を最重要視しなければいけません。個人輸入サイトで購入した安価なシアリスやタダリスは、安全性が低く偽物である可能性もあります。また、医師の診察を受けずに購入するとシアリスと一緒に服用してはいけない併用禁忌薬を使用してしまったり、シアリスを服用できない既往歴があるのを知らずに使用してしまったり、などのトラブルが発生することもあります。
個人輸入を利用すれば費用の負担を減らせますが、その安全面に大きなリスクと危険性があります。そのリスクと危険性を考慮すると、個人輸入を利用すべきではありません。

ジェネリック医薬品の動向を追う

シアリスは個人輸入サイトで購入した方が安いかもしれませんが、リスクを考えた場合に病院やクリニックで処方してもらうのが一番安心です。服用する頻度が高い人や、値段がどうしても気になるという人は、シアリスと同じ効果を得ることができ、なおかつ安い値段で購入できるジェネリック医薬品の動向をチェックしておきましょう。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、新薬として販売され、「性能・効能・安全性」が確認された有効成分を使用して作られた医薬品のことです。開発費用や研究費用が抑えられるので、新薬と同じ効果を持つ治療薬を新薬よりも安い値段で販売することができます。また、ジェネリック医薬品はその有効性と安全性が同じであることが認められないと販売できないため、安心して使用することができます。
新薬を作った製薬会社はその薬を独占的に販売・製造する権利「特許」を申請ができるので、その特許期間が終わるまでは、他の製薬会社がジェネリック医薬品を製造し販売することはできません。日本ではまだシアリスの特許期間が切れていないため、ジェネリック医薬品を製造することはできませんが、近い将来シアリスの特許が満了を迎え、同じ品質と効果と安全性を兼ね備えたシアリスのジェネリック医薬品がお得な値段で販売されるでしょう。

シアリスは安全性を見て購入しよう

シアリスはED治療薬の中でも新しい薬で、バイアグラやレビトラと比べると値段が高く設定されています。そのため、安価な物を求めて個人輸入サイトを利用して海外で製造されているジェネリック医薬品を購入する人は多いです。しかし、値段の安さばかりを重視して安全面をおろそかすると、偽薬を購入してしまい深刻な健康被害につながる可能性があります。安全に治療薬を購入するのなら、信頼できる病院やクリニックで処方してもらいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加