「ED」といえば中年以降の男性が悩む病気だと思っている方も多いでしょう。しかし、実際は20代の若者の中にも、EDに悩んでいる方は少なくありません。

考える男性

20代は心の悩みで勃起不全になる

基本的に、EDは男性ホルモンの分泌や血流などが原因です。歳を取るにしたがって、男性ホルモンが減ったり、血流が悪くなったりして、ペニスが立ちにくくなります。
しかし、20代のEDの多くは「心因性ED」といわれており、つまり心の問題によって勃起不全が起こっているのです。

20代といえば性欲旺盛な年頃ですが、まだまだ精神的にナイーブな面も残っている年代です。自分の抱えているコンプレックスや、性行為に対する過度な緊張などが原因で、EDになることがあります。
性交渉の経験が少ないうちは、自分は相手の女性を満足させることができるだろうかと不安になったり、失敗したらどうしようと恐れたりすることもあるでしょう。過去に性行為に失敗してパートナーから傷つくことを言われた経験などがあると、それがトラウマになることもあります。性行為に対する焦りや心配が心の負担となり、勃起不全になるのです。

また、自分の容姿や、ペニス自体に対する劣等感なども心因性EDの原因になります。さらに、アダルトビデオなどに慣れ親しんでしまった結果、生身の女性に対してどのように接すれば良いか分からなくなり、結果としてEDになるケースもあるでしょう。

いずれにしても、20代のEDは体の問題ではなく、心理的・精神的な要素が原因となって引き起こされているケースが多いといえるでしょう。

若いうちからバイアグラを使うとどうなる?

EDの治療薬といえば、「バイアグラ」が有名です。真剣に悩んでいる方であれば、薬に頼ってでもすぐに問題を解決したいと思うでしょう。
結論から言うと、若いうちからバイアグラを飲んでも問題はありません。たしかに中高年の方が服用することの多いバイアグラですが、特に年齢制限が設けられているわけではありません。
EDの方であれば年齢に関係なく飲めるバイアグラですが、勘違いしてはならないのは、バイアグラはEDを根本から治す治療薬ではないということです。バイアグラは、あくまでも男性器の勃起を補助する役割しかありません。
しかし、若者に多い心因性EDの場合、バイアグラを服用して性行為をうまく行うことができれば、それが自信へとつながり、次からはバイアグラなしで勃起できるケースもあるでしょう。その反面、「バイアグラなしでは性行為ができない」と精神的に依存してしまう可能性もあります。
いずれにせよ、バイアグラは根本の心理的な悩みを解決する治療薬ではなく、性行為に対する自信を回復するためのきっかけの1つとして考えることが大切です。服用するべきかどうか1人で悩むのではなく、適切なクリニックで相談することをおすすめします。

ED治療の流れ

クリニックごとの方針によっても変わりますが、基本的にED治療を受けてバイアグラが処方される手順はある程度決まっています。まず受付でED治療を希望して問診票を記入、専門の医師による問診を受けて、治療薬を処方すべきかを判断するといったものです。

精神的なEDを解消するには、地道な努力と医師との連携が大切です。イースト駅前クリニックでは、継続的に治療を受ける利用者のために、スムーズでスピーディな診察を心がけています。具体的な治療の流れを知りたい人は次の記事を参考にしてください。

クリニックに行くのが恥ずかしいという人はスマホ診察

EDを治療するためにはクリニックに行く必要があるとわかっても、恥ずかしくてなかなか足が向かないという人もいるでしょう。そんな人におすすめなのがスマホ診察です。
このサービスを使えばスマホのTV電話機能を使って、遠隔で医師の視察を受けられます。また、宅配でED治療薬を受け取ることができるので、病院や薬局に薬を取りに行く必要がありません。

スマホ診察についての詳細は以下をクリック

通販サイトはNG 個人輸入が危険な理由

基本的に、ED治療薬は専門のクリニックで取り扱っているものを使いましょう。海外の薬局から医薬品を取り寄せる個人輸入は、匿名性が高く人に知られにくい反面、偽造医薬品や違法のジェネリック医薬品を手に入れる恐れがあるからです。
とくに偽造薬の入手による被害報告が増えているのはED治療薬です。被害報告が増えている背景にはインターネットの普及もありますが、何よりもEDというコンプレックスの性質にあります。
EDは本人にとってデリケートな問題なので、他人に打ち明けることに抵抗を感じて一人で解決しようとする傾向があります。ところが、ED治療には専門の知識が必要な上、偽物のED治療薬を使用すると、強い副作用による健康被害が生じる恐れがあります。
実際、2017年1月13日に掲載された日本経済新聞の記事では、「偽造薬は不整脈や下痢など、健康被害を引き起こした事例も報告されている」と指摘されています。
またED治療薬を扱う4つの製薬会社が独自の合同調査をした結果、ネット経由で入手したED治療薬のうち40%が偽造品だったという報告もあるため、通販サイトの利用によるED治療薬の個人輸入は大変危険です。
安全にED治療をするためには、専門のクリニックで処方された薬だけを使用しましょう。
出典:日本経済新聞「そのED薬は本物?偽造品がネットで横行a>」(2017/1/13)

心因性EDを克服する3つのポイント

手をつなぐカップル
心因性EDを克服する方法は、大きく分けて3つあります。

ED治療薬を使った成功体験

心因性EDを克服する具体的な手段として、ED治療薬を用いて性行為を行い、性行為に対する苦手意識やトラウマを払しょくすることができます。心因性EDの一番の原因は本人の意識です。リラックスした状態で性的興奮ができれば、大半は問題なく勃起します。
心因性EDの特徴として、相手の前では勃起することができなくても、オナニーは問題なくできるという特徴があります。そのようなケースなら、とにかく成功体験を積み重ねることが解決の近道です。まずは問題を一人で抱え込まず、信頼できる人に相談してみましょう。

心理療法でトラウマを解消

精神面へのアプローチとして、医療機関で専門のカウンセリングを受け、自分の抱えている心理的な問題を克服する心理療法がおすすめです。心因性のEDの場合は、薬に頼ることなく、カウンセリングのみで完治するケースもあります。
また、専門のカウンセリングを受けるだけでなく、パートナーに悩みを打ち明け、一緒に問題を克服するために協力し合うことも大切ではないでしょうか。パートナーとの心のつながりを強く感じることで、信頼感や安心感を得て、リラックスした状態で性行為を行うことができるかもしれません。

生活習慣の改善

上の2つの方法で心理的な問題を克服すると同時に、EDを起こすような生活習慣を改めることも重要です。ストレスがたまらないように気をつけたり、タバコを控えたり、脂っぽい食事ばかり食べるのを避けたりすることも、EDを改善する助けになります。
男性器が勃起するために必要なテストステロンは、生活習慣やストレスが原因で減少する男性ホルモンです。テストステロンの分泌量は、規則正しい生活リズムと食事内容の見直しで増やすことができます。男性ホルモンの正常な分泌を促すためにも、健康的な生活を送ることに気を配りましょう。

おわりに

20代の若者に多い心因性EDの治療には、バイアグラが有効です。しかし、バイアグラは根本的なEDの原因を治療するものではなく、あくまでも性行為に対する自信を取り戻すためのきっかけに過ぎません。
ED治療薬に頼ることなく心因性EDを克服する方法もありますが、1人で悩むのではなく、まずはクリニックなどで専門家に意見を聞くことをおすすめします。

誰にも知られたくないからと個人輸入サイトなどでバイアグラを入手する方が後を絶ちませんが、そのようにして手に入れた薬には偽薬も含まれているため、健康被害を受けるリスクが高まります。バイアグラは、必ず医者から処方してもらったものを服用してください。

バイアグラなどED治療薬はクリニックで処方してもらうことが可能です。
症状や体質にあったED治療薬を服用するには、ED治療を専門に取り扱うクリニックでの受診をおすすめします。
「イースト駅前クリニック 新橋院・新宿院」では、薬の値段のみで初診・再診料は無料です。
土日祝日も診察しているので、空いているときに気軽にいくことができます。
EDで悩んでいる人はまずは相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加