2019.06.27
コラム

排卵日を伝えると旦那がたたない!「妊活ED」の改善方法は?

排卵日を伝えると旦那がたたない!「妊活ED」の改善方法は?

妊活のために排卵日を男性に伝えたところ、イザというときにED(勃起障害)の症状が起こってしまったり、男性がセックスに対するやる気を失ってしまったりするケースがあります。
そうした症状は「妊活ED」や「排卵日ED」と呼ばれます。妊活EDは珍しいものではなく、妊活を行っている男性の多くに見られる症状です。
この記事では、妊活EDの原因と改善方法について解説します。
妊活を行っている人や、排卵日のセックスがうまくいかない人は、是非参考にしてみてください。

妊活EDになる男性が増えている

近年、排卵日のセックスで勃起しなくなる「妊活ED」の男性が増えています。

不妊治療の最初の段階では、「タイミング法」で妊活を行うのが一般的です。タイミング法は、基礎体温などから推定した排卵日を狙ってセックスをすることで妊娠を目指す方法です。
しかし、このタイミング法自体がEDの原因になる場合があります。

タイミング法を行っているカップルを対象とした調査を行ったところ、約36%の男性にEDの症状がみられたという報告があります。その多くは、タイミング法を始めてからEDを発症しています。

多くの男性に妊活EDの症状があることが、こうした調査からわかります。
妊活EDは珍しい症状ではなく、EDの多くは治療が可能です。パートナーの男性に妊活EDの症状がみられたら、ED治療専門の医師に相談するなどの対策を行うことをおすすめします。

妊活EDの原因

妊活EDを予防・改善するためには、原因をしっかりと理解する必要があります。
妊活EDの多くは「妊活のストレス」や「プレッシャー」によって起こりますが、男性の健康状態も関係しているケースが多いです。

ストレスやプレッシャーでEDになるケースが多い

妊活EDの主な原因は、「セックスを強要されるストレス」や「女性からのプレッシャー」です。

ストレスを感じていると勃起しにくくなる

男性器の勃起は、男性器に血液が流れ込むことによって起こります。性的な刺激によって脳が興奮すると、その情報が下腹部に伝達されて血管が拡張し、多くの血液が流入することで男性器が勃起します。

しかしストレスを感じていると、血管が収縮して血液の流入が阻害されてしまいます。
また、ストレスやプレッシャーを感じていると、性的な刺激を受けても脳の中枢が十分に興奮しません。脳が興奮しなければ、血管を拡張するための情報が下腹部に伝達されず、勃起が起こらなくなります。

妊活のストレスがEDを引き起こす

ストレスが原因で起こるEDは「心因性ED」と呼ばれます。心因性EDを防ぐためには、ストレスを軽減して男性になるべくリラックスしてもらう必要があります。

しかし、妊活で排卵日を伝えられると、男性は「その日にセックスをしなければならない」という強いプレッシャーを感じてしまいます。特に、過去にうまく勃起できなかった経験がある男性は、「本当にできるのか?」と不安になってしまう傾向があります。
その結果、ストレスによる妊活EDの症状が起こります。

妊活EDを防ぐためには、男性になるべくプレッシャーをかけず、ストレスを軽減してリラックスしてもらうことが大切です。

健康状態も深く関係している

ストレスは妊活EDの主要な要因の一つですが、実はED患者の傾向から「ストレスだけが原因」でEDが起こっているケースは少ないことが報告されています。男性の健康状態もEDに影響しているケースが多いのです。

なんらかの身体の異常によって起こるEDを「器質性ED」といいます。器質性EDの主な原因には、以下のようなものがあります。

・肥満や生活習慣病などによる血流の悪化
・生活習慣や食生活の影響によるホルモンバランスの乱れ
・事故や怪我などによる神経の損傷

血行やホルモンバランスに異常があると、男性器が勃起しにくくなります。
そうした勃起しにくい原因が身体にあって、そこに妊活のストレスが加わると、健康な人よりも妊活EDの症状が起こりやすくなります。

妊活EDを予防・改善するためには、男性の健康状態に気を配ることが大切です。
肥満などが改善されて勃起しやすくなることで、妊活EDの症状が改善する場合もあります。

妊活EDの治療方法・改善方法

EDの症状の多くは、治療が可能といわれています。
妊活EDの症状がみられたら、以下の改善方法を試してみることをおすすめします。

ED治療専門のクリニックを受診する

EDの改善方法で最も効果的なのが、専門のクリニックを受診して医師の治療を受けることです。

EDを「恥ずかしい」と思う方は多いですが、先述の通り妊活を行っているカップルの多くに妊活EDの症状がみられるという調査報告があります。妊活EDは多くの人に発生している症状であり、珍しいものではありません。適切な治療を受けるために、ED治療専門のクリニックを受診することをおすすめします。

カウンセリングで改善する場合が多い

妊活EDの原因の多くは、ストレスなどの心因性のものです。そのため、カウンセリングが治療に役立つケースが多いです。専門のクリニックを受診すれば、プロのカウンセラーによる治療を受けることができます。

なお、妊活EDは、カップルの関係性が原因で発症する場合が多いため、カップルで一緒にカウンセリングを受ける方が効果的な場合もあります。

ED治療薬の処方を受けられる

専門のクリニックを受診すれば、ED治療薬の処方を受けることができます。
妊活EDの男性の中には、セックスの失敗によって自信を失ってしまった方もいます。そうした方がED治療薬の利用によってセックスに成功すると、それが自信になって、次回以降は薬を使わなくても勃起できるようになる場合があります。

薬を使うことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、ED治療薬には依存性がなく、いつでも使用をやめることができます。また、生まれてくる子供に影響が及ぶこともありません。

ED治療薬は妊活EDの治療に広く用いられていますが、安全に使用するためには医師の処方が必要です。妊活EDの症状が発生したら、カップルで医師に相談することをおすすめします。

男性にプレッシャーをかけない

妊活EDの多くは、男性がストレスやプレッシャーを感じることで発症します。
EDを防ぐためには、男性になるべくプレッシャーをかけないようにすることが大切です。

妊活で「排卵日を知らせるためにカレンダーに印をつける」「精力がつく食べ物を増やす」などを行う女性もいますが、そうした行為は男性にプレッシャーを与えてしまう場合があります。そうした行為は控えたほうがよいでしょう。

「セックスをするように言わなければ子供がつくれない」と思うかもしれませんが、男性がEDになってしまえば子作り自体が行えなくなります。
まずは、男性のEDを改善することを最優先に考えてください。

セックスの周期や方法を見直す

妊活のためにタイミング法を行うと、男性がプレッシャーを感じてEDの症状が起こるケースがよくあります。EDを防ぐために、セックスの周期や方法を見直してみるのもひとつの手です。

例えば、不妊治療を行う医師の中には、「排卵日のセックス」を避けるようアドバイスする先生もいます。

排卵日にセックスをするためには、基礎体温の測定や排卵チェッカーの使用が必要です。そうした排卵日を調べる行為を行うと、女性は「必ずセックスしなくては!」という使命感にかられて、男性にもそうした気持ちを共有するよう求めてしまいます。
しかし、排卵日のセックスを強く要求されると、男性はプレッシャーを感じてしまいます。

また、排卵日は自分で調整できないため、平日になることも多くあるでしょう。仕事で疲れている平日にセックスをするのは、ストレスになってしまう場合があります。

妊活EDを防ぐためには、「排卵日のセックス」を一時的にやめるのも選択肢のひとつです。
排卵日にとらわれず、週末などの時間に余裕のある日にセックスをすれば、男性のストレスやプレッシャーは大きく軽減されます。

子供を授かるためには、男性のEDを改善することが重要です。排卵日には勃起しない男性でも、排卵日以外であればセックスが可能な場合があります。
妊活EDの症状がみられたら、「一時的に排卵日のセックスをやめる」ことを検討してみましょう。

排卵日を男性に伝えない

男性のプレッシャーを軽減するために、「排卵日を伝えない」のも効果的です。
排卵日であることを伝えずに男性を性行為に誘うのは、抵抗がある方がいるかもしれません。しかし、「したくなった」という女性からの誘いを嬉しく思う男性は多いです。

妊活ED気味の男性であっても、排卵日を隠してセックスに誘えば、症状が改善してセックスが成功する場合があります。

セックスを排卵日だけに限定しない

不妊治療でタイミング法を始めると、セックスを排卵日付近に限定してしまいがちです。
しかし、排卵日以外に行為をしなくなると、セックスの作業感が増してしまいます。また、男性器も定期的に射精しないと機能が衰えてしまいます。そのため、排卵日以外にセックスをしなくなると、妊活EDの発症リスクが高まります。
妊活EDを防ぐためには、セックスを排卵日だけに限定してはいけません。

食生活や生活習慣を見直す

「妊活EDの原因」の項目で解説した通り、男性の健康状態の悪化が妊活EDの発症に関係しているケースは多くあります。そのため、食生活や生活習慣を見直すことでEDの症状が改善する場合があります。

・食生活を改善する
食生活の乱れによって糖尿病や高血圧といった生活習慣病になると、血行が悪化してEDの症状が起こりやすくなります。EDを予防・改善するためには、バランスの良い食事を心がけて生活習慣病を防ぐことが大切です。

ただし、男性に対して精力がつきそうな食事をあからさまに提供するのは避けるべきです。
そうした食事を提供されると、プレッシャーになって妊活EDが悪化する恐れがあります。

・適度な運動を習慣にする
適度な運動を行うと、身体の血行が促進されてEDが起こりにくくなります。また、運動によって身体の筋肉量が増えると、男性ホルモンの分泌量が増加して性欲が高まります。
適度な運動の習慣は、EDの改善にとても効果的です。パートナーの男性に妊活EDの症状がみられたら、一緒に運動を始めるなどの工夫をしてみましょう。

妊活EDは珍しい症状ではない

妊活EDは妊活を行っているすべてのカップルに起こりうる症状であり、珍しいものではありません。
妊活EDの治療には、カウンセリングやED治療薬の利用が効果的です。妊活EDの症状が発生したら、恥ずかしいと思わずに専門のクリニックを受診するなどの対策を行うことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加