バイアグラを飲むタイミングと持続時間は?その疑問にお答えします!

ED治療の心強い味方であるバイアグラですが、正しい服用方法をしなければ効果も半減してしまいます。ここでは、バイアグラの持続時間や、ベストな服用タイミング、効果が実感できなかった時にチェックするべきポイントを紹介します。

バイアグラ1錠あたりの持続時間はどれくらい?

バイアグラを服用するなら、気になるのは持続時間ですよね。1錠服用すると、一体どれくらい効果が持続してくれるのでしょうか?

【バイアグラ1錠あたりの持続時間】

バイアグラは1錠で約4時間~5時間は効果が持続します。国内で販売されているバイアグラには25mgのタイプと50mgのタイプがありますが、どちらも持続する時間は同じです。それと誤解している方が多いことですが、バイアグラを飲むと4時間~5時間ずっと勃起したままになるわけではありません。バイアグラは自然な勃起を促進する薬なので、性欲が増したり、勝手に勃起したりするわけではないのです。あくまで性的刺激・興奮があったときに勃起を助けるので、事前に飲んでおいても問題はありません。

【バイアグラの効果が出るまでの時間】

バイアグラは服用して約30分で効果が現われはじめ、1時間で効果がピークに達し、3時間ほど経過するとピークの半分の効き目になります。そのため、行為の1時間前に空腹状態で服用するのが理想です。ただし、バイアグラは食事の影響を受けるので、食事をするタイミングに合わせて飲む時間も調整しましょう。食事の前に服用するなら30分~1時間前に飲んでおき、食事のあとに服用するなら2時間以上は空けて飲んでください。効果の持続時間や効果のピークの時間を考慮して、前もってスケジュールを組んでおくとよいでしょう。

バイアグラの持続時間を長くする方法は?

バイアグラの効果は1錠あたり4時間~5時間持続することが分かりましたね。それでは、この持続時間をより長くすることはできないのでしょうか?

【バイアグラの持続時間は変えることができない】

少し残念ですが、バイアグラの持続時間を延ばす方法はありません。2錠飲めば倍の持続時間になるということもないので、絶対に2錠以上は飲まないようにしてください。効果が倍増することはないうえに、副作用が強く出てしまう恐れがあります。また、バイアグラは1錠目を飲んでから24時間以上あけなければ、次のバイアグラを飲むことはできません。必ず医師に指示された量を守って服用しましょう。

【どうしてもスケジュールが合わないとき】

しかし、どうしてもバイアグラの持続時間では足りずに失敗してしまった、スケジュールを立てるのが難しいということもあるでしょう。そうした場合は、無理にバイアグラにこだわらずに、他の治療薬を検討するのがおすすめです。持続時間の長いシアリスや、即効性のあるレビトラなど、バイアグラ以外にも効果的な治療薬が販売されています。バイアグラを処方してもらったクリニックで再度相談して、スケジュールにあった薬を処方してもらいましょう。間違っても勝手に量を増やしたり、2錠飲んだりするようなことはやめてください。

バイアグラの効果に満足できなかったときは?

バイアグラは比較的短時間でガツンと効いてくれる薬です。もしも、「効果にあまり満足できなかった……」という場合は、以下を確認してみてください。

1.服用のタイミングは合っていましたか?

バイアグラは服用するタイミングが重要なことは、すでに確認しましたが、もう一度改めて確認してみましょう。バイアグラを飲むタイミングは、行為の1時間前に飲むことがベスト。しかし、食事をするときは30分以上前に飲むか、食後2時間過ぎてから飲んでください。食後すぐに焦って飲むことは逆効果なので、気をつけましょう。食べすぎると消化時間が遅れてしまうので、時間に注意するだけではなく、食事の量を抑えることも大切です。

2.油や脂肪の多い食事をしていませんか?

バイアグラを飲む前の食事や、その後の食事で油の多い食事をしてはいませんか?もしそうなら、それが原因である可能性があります。バイアグラは食事の影響を受けやすいことも、すでに確認しましたね。一般的な食事の場合は、食後2時間経てば大体は消化されるので問題ありません。しかし、油の多い食事は胃腸に油の膜を張ってしまうので、バイアグラの吸収効率が悪くなり、消化時間も長くなってしまいます。そのため、バイアグラを飲むときは直前の食事だけではなく、その前の食事にも気をつけましょう。また以外に気付きにくいことですが、牛乳やアイスクリームにも脂肪分が含まれているのでデザートにも注意が必要です。

3.お酒を飲みすぎていませんか?

直前の食事でお酒を飲み過ぎてはいませんでしたか?リラックスできる程度の少ない量のお酒なら大丈夫ですが、飲み過ぎには注意です。アルコールは脳や神経の作用を鈍らせるので、飲みすぎてしまうとバイアグラの効果も現われにくくなってしまいます。またバイアグラには血管を拡張する効果があるので普段よりも血流が良くなり、酔いが回りやすくなることにも注意が必要です。初めてバイアグラを飲んだ後の飲酒は、いつもよりも量を少なめにするようにしておきましょう。

4.バイアグラは正規品でしたか?

これも重要な問題です。あなたが使用したバイアグラは医師から処方された正規のバイアグラだったか、改めて確認してみましょう。もし海外製のバイアグラを購入していた場合は、偽物であったり、粗悪な製品であったりする可能性が高いです。こうしたバイアグラを使用すると、効果がないばかりか、副作用が強く出てしまうなどの問題に巻き込まれることもあります。必ずクリニックで医師に処方された正規品のバイアグラを使用しましょう。

5.上記に当てはまらなかった場合

もしも上記の条件に心当たりがないならば、バイアグラを処方してもらったクリニックにもう一度相談するのが一番です。正しい服用法のアドバイスと、薬の変更などの対応をしてもらえます。25mgを服用しているなら50mgに増やしたり、他の処方薬を出してもらったりしたほうが良いでしょう。また自分では気付かないうちに、動脈硬化などの異常が発生している可能性もあります。こうした場合もバイアグラの効果が現われにくくなってしまうので、健康状態を確認するためにも医師とよく相談して使用することが大切です。

バイアグラの持続時間を考えてスケジュールを立てよう!

バイアグラは持続時間を考えて、事前にスケジュールを立てることが最重要。個人差や、その日の食事によって効き目が出る時間も多少前後します。使用する前に慌ててしまわないためにも、食事の内容も余裕をもって決めておきましょう。用法・用量を守り、バイアグラを上手に活用していきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加