バイアグラは世界で初めて認められた勃起不全(ED)の治療薬です。日本でも1999年の3月に正式に流通してさまざまなED患者を救ってきました。近年、バイアグラの入手方法として通販サイトを利用した個人輸入を選ぶ人がいますが、バイアグラは医薬品なので医師による処方が必要です。
実際に通販サイトを利用した人の体験談には医療機関を利用しなかったがゆえに、不要なトラブルに見舞われたというケースが数多く寄せられています。そこで今回は通販サイトでバイアグラを入手した人たちの体験談をもとに、バイアグラの入手方法として通販サイトが不適切な理由や、安全にバイアグラの正規品を入手する方法についてご紹介します。

通販サイトでバイアグラを入手した人の体験談

通販サイトを利用してバイアグラを入手した人たちの体験談を紹介します。

T.Sさんの場合

私がバイアグラを購入することになったのは、妻と入籍してから3年が経った頃のことです。お互い結婚生活に余裕ができたのを機に本格的に妊活を始めることになりました。しかし妊活に対するプレッシャーからか今までは問題なくできていた夜の営みがうまくいかなくなりました。
あれこれと工夫してみましたが精神的なEDという線が濃厚だったため、バイアグラを試すことになりました。ただ 、ED治療を受けに行くことに抵抗があったので、通販サイトを利用してバイアグラを購入することにしました。ですが、届いた商品を見てみるとパッケージが正規品のデザインと違っていたんです。調べたところネット経由で販売されるED治療薬の4割以上が偽物だということが判明したので、大人しく近くのクリニックでED治療を受けることにしました…
結果としてバイアグラの正しい飲み方やED改善までの道のりをレクチャーしてもらえたので満足しています。現在は妻にも協力してもらいながら妊活に励んでいます

S.Hさんの場合

数か月前から中折れに悩まされることがあり、彼女との行為が気まずくなってしまいました…
オナニーは問題なくできるので、単に精力が衰えているのかとも思いましたが、色々調べるうちに心因性EDというワードに行きつきました。何とかしたいと思い、バイアグラでの治療を始めることにしました。しかし、自宅の周囲にED治療ができるクリニックがなかったので、宅配で商品が届く通販サイトを利用しました。早速バイアグラを使ってみたんですが全然それらしい効果がなく、彼女をがっかりさせる結果になってしまいました。どうして効果がなかったのかと思い、使用方法をきちんと調べてたのですが、どうやら偽物のバイアグラだったみたいです。それから、偽物の中には効果がないどころか酷い副作用に悩まされる場合もあることがわかりました。個人輸入を利用してバイアグラを購入するのはやめたほうがいいです。
自分で解決するのは難しいと思ったので、少し遠いですがバスで都心のクリニックに通うことにしました。やっぱり専門の医療機関を利用するのが一番安全だと思います。

S.Uさんの場合

年齢のせいかなかなか勃たない、中折れ、勃ち具合が悪いと感じることが多くなりました。彼女にも、最近あからさまに調子が悪いことを心配されてしまいました…。なんとかしなくてはと思い、精力剤を試しましたが効果はいまいちでした。バイアグラは勃起をスムーズにしたり萎えにくくしたりすることもできるそうなので、さっそく入手することにしました。通販で手に入れたバイアグラを使ってみると、確かに勃起はスムーズになったんですがズキズキとした頭痛が酷くて性行為に集中できませんでした。
調べてみると副作用で顔のほてりや目の充血、鼻づまりやめまいがおこることがわかりました。自分の場合は、副作用の症状が強く出てしまったようです。どんな薬にも相性はあるようなのでじっくり調べたうえで使うべきでしたね。ほとんどのクリニックでは1錠から処方できて薬との相性を試すことができるようです。先に知って入ればバイアグラを無駄にすることもなかったのに…と後悔しています。
実際に使用してみないと薬との相性はわからないので、試すことのできない通販サイトはバイアグラの購入には向いていませんね。

通販サイトを利用してはいけない3つの理由

体験談の内容や通販サイトに考えられるリスクをもとに、バイアグラの入手方法として通販サイトが向いていない理由をご紹介します。

1.正規品の入手が難しい

バイアグラはファイザー株式会社という製薬会社によって販売されている医薬品の商品名のことです。後に開発されたバイアグラと同様の効果効能をもつ医薬品はジェネリック医薬品と呼ばれます。オリジナルのバイアグラはほとんどの病院やクリニックで取り扱われている一方で、ネット上で流通しているバイアグラは偽物の割合が多いというのが現状です。
バイアグラの正規品と非正規品を一般の人が見分けるのは難しいため、医療機関で安全が保証されているものを処方してもらいましょう。

2.医師の診察が受けられない

バイアグラをはじめとして医師による処方が必要な治療薬は、きちんとした診察が必要です。一方で通販サイトを利用すると専門の医師による診察がなされないまま、治療薬を入手することになります。EDは解消されるまでに継続的に治療を受ける必要があるので、経過観察や薬との相性を見極める医師の目が欠かせません。
また、十分な知識がないままバイアグラを使用すると、不要な副作用につながる恐れがあります。バイアグラを使用する際には、専門の医師から使用上の注意や薬の飲み合わせといった説明を受ける必要があります。

3.副作用は全て自己責任

バイアグラなどの医薬品を正しく使ったにも関わらず、重大な副作用が発生する場合があります。病院やクリニック、薬局などで購入した医薬品に対しては「医薬品副作用被害救済制度」という制度が設けられています。入院や治療が必要となるほどの副作用が生じた場合、特定の期間から補助金を受け取ることができます。
ただし、この制度は通販サイトなどで個人輸入した医薬品に対しては適応されません。もし通販サイトの利用で入手したバイアグラでなんらかの重大な副作用が引き起こされても補助金を受け取ることができません。

以上3つの理由から通販サイトはバイアグラの入手に向いていないことがわかります。続いては、バイアグラの正規品を安全に入手する方法について掘り下げていきます。

バイアグラの正規品は医療機関で処方してもらう

安全にバイアグラの正規品を入手するには、病院やクリニックといった医療機関で医師の診察を受けるといった方法があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

病院を利用する場合

ED治療薬を取り扱っている総合病院であれば、バイアグラの正規品を取り扱っていることがほとんどです。またED治療は、泌尿科や内科といった診療科の専門医が患者を診察し、問題がないと判断されれば処方してもらうことができます。
ただし、バイアグラの購入費用と別に処方箋などに5,000円前後の費用が掛かる場合があります。それから病院によってはED治療に精通している医師がおらず、投薬治療以上のサポートが受けられない可能性があります。

専門のクリニックを利用する場合

ED治療を専門にしているクリニックならバイアグラにとどまらず、レビトラやシアリスといった他のED治療薬も豊富に取り扱っています。また1錠から処方をすることが可能なので、薬との相性を確かめたうえでED治療薬を定期的に購入することができます。
ED患者と多く向き合ってきた専門医であればEDならではのコンプレックスに理解があり、解決への糸口を提案してくれることが期待できます。

クリニックへ通いにくい人はネット診察がおすすめ!

体験談にもありましたがED治療を専門とするクリニックが近くにない人にとって、医療機関でバイアグラの処方を受けるというのは難しいかもしれません。また仕事の都合上、診療時間内に通院できないという人も同様にクリニックの利用が厳しくなります。そういった人には、直接クリニックを訪れることなく薬を処方してくれるネット診察などを導入しているクリニックがおすすめです。
ネット診察とはスマホやタブレット、PCといった通信端末からテレビ電話を通じて医師の診察を受けるという方法です。直接通院する必要がないのでプライバシーを守りやすいうえ、クレジットカードでの支払いや薬の宅配サービスなどを導入しているところもあります。通販サイトのような利便性を求めているなら、医療サービスが充実しているクリニックを探しましょう。

バイアグラの購入は通販に頼らず専門のクリニックで処方してもらおう

EDは、日本人男性にとって深刻でデリケートな悩みです。しかし、恥ずかしさからクリニックに通わず通販サイトを利用すると、思わぬトラブルが発生する危険性があります。正規品のバイアグラを安全に入手するには、医療機関を利用するのが確実です。もちろん病院やクリニックによってED治療に関する専門性は千差万別です。さまざまなクリニックを探して自分に合った治療をしてくれるところを見つけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加